Macから手軽にIEの表示チェックをする方法

小川さん
聞いてくれ、 カンマンからのお知らせだ。

ウェブ制作会社にとってIEは本当に鬱陶しい存在。なにが一番メンドクサイかと言えば、自動アップデートされないので、たくさんのバージョンが世に出ているということです。

古くはWindowsXP時代のIE6もまだ存在するし、IE7、IE8、IE9、そしてWindows8ではIE10になっています。さらにOSとの組み合わせも考えると、さらに増えます。

なんだかんだ言ってもIEは最もシェアの高いブラウザです。腐ってもIE。

一方、制作会社は各OS、主なブラウザでの表示チェックや動作テストを行い、出来るだけ多くのバージョンで意図通りのデザインや動作になっているかを確認します。

IE以外のFirefoxやChrome、Safari等では基本的に自動アップデートになるので、古いものは混在しません。ところがIEではユーザーの任意でアップデートとなるので、これが厄介なのです。エンタープライズ向けのサービスでは、いまだにIE6でないと正常に動作しない・・・などの場合もあるので、任意のバージョンアップにしているのだと考えられます。

「IEをバージョンアップしたら、メーカーとやり取りしているシステムが動かなくなった」みたいな話は結構あります。

もう一つ問題は、MacではIEのチェックが出来ないということ。。。

そのあたりを解決するために、まず無料のMacアプリであるVirtualBoxをインストールします。バーチャル環境をつくるわけですね。その上でmodern.IEを利用します。modern.IEでは仮想PCを使用したIEの表示テストツールが提供されてます。これを使用するとWindows以外のOSでも複数バージョンのIEのテストが行えます。

 

いろんなパターンが選択できるので、目的のファイルをダウンロードしてVirtualBoxにインストールするだけです。残り時間53分となってますが、実際は2〜3分で終わります(笑)

 

Windows8とIE10の組み合わせもインストールしてみました。

 

いろんなパターンをインストールしましたが、WindowsXPでは日本語が文字化けします。これがちょっと残念。でもVista以上では問題なし。

 

ブラウザチェックだけでなく、地元の某A銀行のように法人インターネットバンキングはIEしか使えないような場合にも問題なく利用できました。でも、この場合は銀行側の対応が問題ですよね。。。

 

 

 

カンマン最新情報をゲット!

Facebookのウォールで

Twitterのタイムラインで

この記事を書いた人

comman
comman 社を背負った存在 あるときはディレクター、あるときはエンジニア、そしてデザイナにも、夜寝ているときだけ現れる、妖精さん的アカウントです。 commanが書いた他の記事をチェック!

もう1記事どうぞ!

  • 関連
  • 人気
  • 最新

コメントを残す