サンダーバードが白井を連れて、やってくる

小川さん
聞いてくれ、 カンマンからのお知らせだ。

帰省しました石川県!

最近石川県は北陸新幹線開業で盛り上がっております。
石川県出身である僕としては、地元の益々の盛り上がりを願うばかりです。

IMG_8808

IMG_8807-2
大学-社会人で8年住んだ東京から徳島に引っ越しした際に、周りから「なぜこのタイミングで徳島に移住したの?」とよく言われるのも、これが理由でしょう。

こんにちわ
父は東京、母は富山、
生まれは埼玉、育ちは石川、
徳島県在住、白井達也27歳です。

shirai

この記事はタダの帰省旅行の日記です。

この記事を読了するためには約 4 時間くらい必要です。

東京-金沢で開業しました北陸新幹線。

徳島県に居るはずなのに、
ここ数日はテレビで北陸を見ない日はない、と言っても過言ではないくらいに盛り上がりを見せていましたね。

行ってきましたら人がマジで多かった。

IMG_8924

人、ヒト、ひと

IMG_8929

人、ヒト、ひと

IMG_8934

新・自動改札。

IMG_8899

夜も綺麗ですよ。

なんか『既に車内ガラガラ』という話題も出てますが、
まぁこれからですよね。
東京に住んでた身として石川県へのアクセスがかなり便利になったことは明白です。
これからどんどん盛り上がってくれればと思ってます。

徳島県から石川県に行く方法

北陸新幹線が金沢に来たところで、徳島からの帰省で新幹線は使いませんのでルートは変わりません
ではどのように徳島県から石川県へ行くのか、皆様わからないと思うので説明をさせていただきます。

今、もしかしたら誰かが「そんな知識、使う機会ねぇよ」って思ったかもしれませんが、続けます。

飛行機からの飛行機

60歳になる僕の親父みたいに、
金があっても、もう時間も体力も余裕のない人は、
【飛行機 : 徳島→羽田(東京:乗り継ぎ)→小松(石川) 】
という飛行機乗り継ぎルートもありかもしれません。

map_airplane

父は一度【バス+電車】で徳島まで来て「これ無理」とギブアップして、上記ルートを取ることにしました。
もちろん体力があってもお金がない私には無理です
これたぶん普通に取ったら片道だけで7万超えるはず、75日前割とかウルトラ先得とか取れば往復で4万円代くらいまで抑えられると思いますが。。。

バスからの電車

さてそんな僕が現在考えるベストなルートが【バス: 徳島→大坂】【電車 : 大坂→石川】ルートです。
これで往復2万円少し超えるくらいです。
大坂から金沢までバスもありますが、さすがにしんどいです。

map_bus
この移動方法、乗車時間だけで5時間超えます。帰省するだけですよ?
私はどこの国に行くのか、そんな気持ちにさせられる移動時間です。

ではそんな、「白井が車窓から」をどうぞ(4時間あります)

ということで皆さんたぶん見てないでしょうから言いますと、滋賀県あたりでビデオカメラの電池が切れました。つまりそれだけ長い道のりです。

もう一回言いますけど、帰省しているだけです。

ここに乗り換えのための待ち時間など入ります。
結局徳島の自宅を出てから金沢まで7時間ほとかかります。

ちなみにバスはいつも海部観光さんです、海部観光さんの【徳島-大坂間】は
必ず3列シートなので非常に助かってます。

徳島-東京・大阪・神戸の格安高速バス「海部観光」

着いたー!金沢!

station-kanazawa_2

金沢の観光名所は他サイトのプロの記事が沢山紹介してますので、それを参考にしてください。

個人的にこの【ビューティーホクリク】さんのサイトはとっても濃厚な
北陸情報が詰まってます。

美しい金沢・加賀・能登・石川県の観光情報ブログ Beauty Hokuriku

ここにも載っている『いたる』ですが、僕も去年友達に連れてってもらいましたが、リーズナブルなお値段で安定した美味しさでした。とても良かったです。
普通に並べば入れると思いますが、北陸新幹線開業でテレビにも出てたので予約は必須だと思います

IMG_3981

IMG_3962

IMG_3968

IMG_3978

片町に行こう!PIKO 金沢店編

定番の観光名所の説明はビューティーホクリクさんとかプロの記事に任せて、

せっかく金沢来たので「PIKO 金沢店」さんへお邪魔しに!
何が「せっかく」なのかと言いますと、
PIKOさんは徳島県に本社があるジュエリー会社さんで、
いつも一緒にお仕事させてもらっています。

news | PIKO金沢店|金沢で結婚指輪・婚約指輪をお探しなら

北は東北青森から、南は九州鹿児島まで40店舗以上展開されてて、石川県の金沢にもあります。
これは金沢来たら行くしかないというアレです!

場所は僕が高校時代「マチ」と呼ばれていた場所にドンと構える素敵なお店。
石川県出身徳島県在住の僕としては石川県と徳島県の繋がりがあるのが、凄く嬉しいです

IMG_8846

IMG_8814

IMG_8810

落ち着いたとっても素敵なお店でした。
店長の方ともお話ができて、とても素敵な時間を過ごしました。
また是非伺います!

それにしてもあのストリートがブライダルストリートになってるのは驚きました。色々なブライダルな店舗がありました。

金沢終わり!野々市行こうぜ!IKESPO金沢編

station-nonoichi_2

さぁ野々市!金沢駅から電車で7分。
読み方は「ののいち」。
なのでこの市の名称は野々市市(ののいちし)。
難読ではないけど「野々市」だけ見ると「ののし」と呼んでしまうフェイントな名称。

ここは「住みよさランキング2014」全国3位になるほど素敵な市です。

ここにあるのはIKESPO金沢!
お互いの実家が徒歩30秒くらいの距離にある、僕の2個上の小学校からのお兄さん的存在にして「達也」という名前がダダかぶりなIKESPO店長、池田達也さん!

そんな池田さんが経営するIKESPO金沢は、サッカー用品はもちろん多数取り揃えてますが、ユニホームをチームオーダーしてくれたり、サッカー教室したり大会を開催したりと、石川県のサッカーを盛り上げるために精力的に色々行ってます。
あれです、詳しくはWebでってやつです。

IKESPO金沢

なんと今回の帰省、2日間も顔出したのに一回も店舗に店長居ませんでした!
なんて日だ!なんて忙しさだ!また行きます!

01

10

08

ホームページ見る限りでも沢山のチームのユニホーム作ってたりしてます。
何かうちの父親も監督(か、コーチ?)してるチームのユニホームかなんかでお世話になってるみたいで。

僕もなんかチーム作ってユニホーム作ってもらおうかな。
そもそも何のチーム作ろうかな。

松任(まっとう)行こうぜ!北陸フォーム編

station-matto_2

イエーイ松任イエーイ☆金沢駅から電車で10分。

実家のある松任駅を!

なんとこの駅、去年あたりに自動改札が導入されていました!

_人人人人人人人人人人人_
> 切符は手前に戻ります <
 ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

ディスってないっすよ。

金沢駅も新幹線通ってから自動改札が金沢にも導入されましたが、
金沢より先に自動改札を取り入れてますからね。先端です。

まじディスってないっすよ。

「最近インクが薄いからもう一回押すわ」って駅員さんが普通に昔ながらのハンコを押してくれました。
二度手間感ハンパじゃなかったですが、こういうのんびり雰囲気好きです。

建物も昔の古めの方が好きでした。
自動改札もそうですが、建物とかもちょっと近代的になって、寂しくなった感じはあります。

ちなみにこの松任市ですが、ここに住む人達の中には松任谷由実を「まっとうやゆみ」と呼ぶ人が結構普通にいます。
僕もそうでした。

北陸フォーム株式会社に寄ってお家に帰りました

北陸フォーム株式会社-包装用緩衝材製造加工-

ここは梱包などの製品を取り扱っている会社で、
大手さんと違うところはお客様の希望する形の緩衝材・梱包材などを小ロットで提供できることだそうです。

小学校・高校の同級生のパパさんが社長の会社で、一緒にお仕事させてもらっています。

実は皆さんご存知、金沢にある日本三名園のひとつ兼六園。この兼六園の雪吊り縄はすべてこの北陸フォームさんが提供しています
ここ10年近くは北陸フォームさんが縄を提供しているそうですよ。

凄いですね!

IMG_0158_2

IMG_0253 (1)

他にも松任には営業時間を相談できる魚民とか、ハリー◎ッターもどきの居る普通に美味いうどん屋さんとか、色々あるんですが、また今度。

ちょっとだらだら「行ったところ紹介します日記」でしたが、石川県がますます発展していくのをますます願っております。

帰省中は、高校卒業以来10年ぶりに会ったやつとか、可愛い後輩君・ちゃん達に結婚祝いもらったりと素敵な帰省でした。こうやって帰ったら相手してくれる友達がいるのは本当に幸せな事です。これからもよろしくお願いします。

早く徳島でも素敵なお友達出来るといいなぁと、思っています。

僕の帰省日記でした!きまっし金沢、野々市、松任!

ではさいなら。

カンマン最新情報をゲット!

Facebookのウォールで

Twitterのタイムラインで

この記事を書いた人

白い たつ也
白い たつ也 Web Hengineer 「腹は黒いが名は白い」 気がついたら徳島にいました。 好き嫌いの激しい87年生まれ。 白い たつ也が書いた他の記事をチェック!

もう1記事どうぞ!

  • 関連
  • 人気
  • 最新

コメントを残す