Fireworksで画像の書き出し

小川さん
聞いてくれ、 カンマンからのお知らせだ。

新人のtakimotoです。

今までPhotoshopやIllustratorを使ったことはありましたが、仕事ではFireworksをよく使うようになりました。

その中でとても便利な画像の書き出し機能を教えてもらったので、忘れないように書きとめておきます。

スライスツールで書き出したい画像を選択していく(ファイル形式は下部のプロパティで選択可能)
選択したスライスのレイヤーがレイヤーパネルの「Webレイヤー」フォルダに入っているので、そのレイヤー名を書き出したいファイル名に変更する。
名前を変更したレイヤーを複数選択し、スライス画像上で右クリック→選択したスライスの書き出しを選ぶ。
ファイル名は適当に変更(アルファベット一文字等)
書き出し:画像のみ
スライス:スライスの書き出し
ページ:現在のページ
選択したスライスのみと現在のステートのみにチェックを入れる。
スライスのない領域を含めるにはチェックをしない。

以上を確認して実行すると、レイヤーにつけた名前で一気に複数の画像が書き出しされる。

PhotoshopやIllustratorでひとつずつ画像を書き出していたのがなんだったのかというような機能なので感動しました。
他にはひとつのpngファイルで複数のページが管理できたり、ガイド間の距離がShiftキーを押すことによって確認できたりとFireworksはWeb制作をする上で本当に便利だと感じています。

早く使いこなせるようにこういったサイトや本を参考にしていきたいと思います!

・Fireworks初めての方にオススメしたいサイトと参考書 | Webデザインのタネ

この記事は「Fireworks」カテゴリーです。

カンマン最新情報をゲット!

Facebookのウォールで

Twitterのタイムラインで

この記事を書いた人

comman
comman 社を背負った存在 あるときはディレクター、あるときはエンジニア、そしてデザイナにも、夜寝ているときだけ現れる、妖精さん的アカウントです。 commanが書いた他の記事をチェック!

もう1記事どうぞ!

  • 関連
  • 人気
  • 最新

コメントを残す