当社の機材に、ドローン(無人で飛行することが可能な航空機)が加わりました

空飛ぶドローン
小川さん
聞いてくれ、 カンマンからのお知らせだ。

「機材」と言うよりも、「相棒」に近いかも知れません。フロントエンドエンジニアの阿部(入社2か月目)です。

ラジコンどころかミニ四駆も買ってもらえなかった幼少期を引きずる僕からしたら、カジュアルに(手のひらサイズとは言え)空を飛ぶおもちゃが手に入る昨今がうらやましいような、複雑な気持ちにもなります。

弊社ディレクターの小川が、新年早々愉快なおもちゃをぶっ飛ばしている様があまりにも完成度高いので、スタッフブログでシェアします。

完全に、手のひらサイズ。手のひらって言うか、指に乗るサイズ!

コントローラーも玩具みたい。っていうか、玩具なんですね。これ。飛ぶけど。

ほんとに指先にのります。

誰の指先に乗せているかというと・・・

小川さんである。

そして、この顔である。

ちょっと触らせてもらったところめちゃくちゃ面白かった(笑)。ほしい、僕も欲しい!

スタンバイ中のドローン

とはいえ、僕のデスクで充電中なのでいつでも触れるわけですけれども。

飛ばす小川さん、完全に少年です。思い出してください、最後にこんな表情をしたのはいつですか?

ドローンさんが飛ぶ様は、弊社のYoutubeチャンネルの動画でご確認ください。(撮影編集:弊社 白井)

小川さんは言ってしまえば上司にあたる訳ですが、上司のはしゃぐ様を微笑ましく撮影できる職場環境、悪くないです。

違います、ネタにしていません。微笑ましいのです。

そうとう微笑ましいのです。基本口が開いているのです。

これはもう完全に微笑ましいのです。

当社新機材のドローンを見学したい方、または、ドローンで遊ぶ少年(小川さん)を見学したい方は是非とも当社までお問い合わせください。

ちなみに動画「小川裕司、ヘリを買う」の最後のシーンでギャーッて言ってるのが僕です。ではまた。

カンマン最新情報をゲット!

Facebookのウォールで

Twitterのタイムラインで

この記事を書いた人

シンタローさん
シンタローさん フロントエンドエンジニア 子持ちでアラフォーのフロントエンダーは私です。大好物はうどんです。 シンタローさんが書いた他の記事をチェック!

もう1記事どうぞ!

  • 関連
  • 人気
  • 最新

コメントを残す