[css] 擬似クラスや擬似要素を複数くっつける書き方

小川さん
聞いてくれ、 カンマンからのお知らせだ。

毎度毎度、あれー、どっちだっけなぁ?となる、例の順番のヤツです。

ども、カンマンのフロントエンド担当、阿部です。

giji

順番が逆だと動かないんですよねー。

よく使うヤツだと:hoverとかfirst-childとか:last-childが、疑似クラスセレクタを絞り込んだり状態変化を指示するのが、疑似クラス。

一方疑似要素ってもう、::before::afterしかだいたい使わないので。主にこの二つが疑似要素。

ちなみに、疑似要素のコロンが2つなのはCSS3の仕様です。疑似クラスと区別するためかな?

とはいえ、IE8に対応するためにはコロン一つじゃないとダメなので、当面はコロン一つで行けそうですね。

このへんポストプロセッサー通しておけばまあ、間違いないですかね?グラントとかガルプ的な。

giji02

当面はこういうイメージをもってCSS書いていこうかと思っています。でも忘れると思うので、メモメモ。

では。

カンマン最新情報をゲット!

Facebookのウォールで

Twitterのタイムラインで

この記事を書いた人

シンタローさん
シンタローさん フロントエンドエンジニア 子持ちでアラフォーのフロントエンダーは私です。大好物はうどんです。 シンタローさんが書いた他の記事をチェック!

もう1記事どうぞ!

  • 関連
  • 人気
  • 最新

コメントを残す